SDGs
sdgs

持続可能な開発目標SDGs

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択されました。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

Sustainable Development Goals

SDGsへの取り組み

人権・雇用

社会全員が生き生きと働ける職場環境を整え、幅広く社会でも活躍ができる人材育成に努めていきす。
  • 定時退社推奨日の設定
  • ハラスメント窓口の設置
  • スキル向上・資格取得支援
  • 4質の高い教育をみんなに
  • 5ジェンダー平等を実現しよう
  • 8働きがいも経済成長も

製造・開発

ばねを作り続け100年、巻く・曲げるの技術を生かし、電動車など次世代分野に適用する新工法の開発、製造に努めていきます。
  • IATF16949、ISO14001取得済
  • 製造ラインの自働化
  • 電動車向け部品の加工法開発
  • 9産業と技術革新の基盤をつくろう

環境対策

廃棄物の削減・再利用など脱炭素への取組みを積極的に行うことで、地球環境の保全に努めていきます。
  • 電気消費の削減
  • 行程内不良の低減
  • 廃材のアップサイクル活動
  • 7エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 12つくる責任つかう責任

BCP対策

自然災害やパンデミック等に対する強靭性及び対応強化により、従業員の安全確保と製品の安定供給に努めていきます。
  • BCP計画の策定
  • グローバルな供給網の確率
  • 災害を想定した定期訓練の実施
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 13気候変動に具体的な対策を
  • 17パートナーシップで目標を達成しよう

ページの先頭へ